Ways of Shaping

タトゥー除去なら先生に相談【すぐに治療の申し込みができる】

なめらかな肌に戻すには

自力で消すのは難しい

婦人

ほうれい線が目立つと、年齢以上に老けて見られることがあります。
高い化粧品や美顔器で対策しようとしている方もいるでしょうが、自力で消すのは難しいので、そんなときは美容外科を頼りましょう。
ほうれい線の消し方を熟知しているので、なめらかな肌に戻すことが出来ます。
加齢により、頬を持ち上げる筋肉が衰えたり、お肌にハリを与えているコラーゲンの生成量が減少すると、皮膚がたるんで、しわやほうれい線が出来るようになります。
美容外科で手軽に出来るほうれい線の消し方をお望みなら、ヒアルロン酸注射を受けるようにしてください。
気になる部分に直接ヒアルロン酸を注入する治療法で、皮膚の奥深くまで届くので、ヒアルロン酸配合の化粧品よりも効果があります。
施術時間は10分程度、施術直後から効果を実感できるのが人気の秘密です。
ヒアルロン酸注入以外のほうれい線の消し方には、サーマクールなどの高周波治療があります。
真皮層まで届く高周波の熱を照射して線維芽細胞を刺激し、コラーゲンの生成を促す治療法なので、ほうれい線を消せるだけでなく、プルプルの肌になれます。
効果は数週間かけてあらわれますが、永続性はないので、半年に一回程度の定期的な治療が必要です。
また、スレッドリフトやフェイスリフトなどの治療法でも、たるんだ肌を引き締められるので、ほうれい線を消すことが出来ます。
ほうれい線の消し方には種類があるので、どれが自分に合っているかわからないときは、担当医に決めてもらうようにしましょう。

簡単な治療もあります

ウーマン

鼻の付け根から口の端にかけてできてしまうほうれい線ですが、顔全体が老け顔に見えてしまいます。
支持組織が加齢により緩んでくることが原因で、頬が垂れ下がってきて船が出来てしまいます。
深く刻み込まれたほうれい線は、市販の美容液などでは改善できず、メイクで隠そうとすると全体的に厚化粧となってしまうため、とても厄介です。
ほうれい線の消し方を知りたい方へ、美容クリニックでの治療方法をご紹介します。
最近では、美容クリニックの施術でも痛みも少なく簡単な施術が多いので、手軽なほうれい線の消し方もあります。
まず、一番人気のあるほうれい線の消し方としてヒアルロン酸注入が挙げられます。
注射のみの施術方法で、費用も他の整形術と比べて安価に行えることがメリットです。
一度の注射で効果を実感でき、効果は1年間くらい持続します。
リフトアップ効果をさらに持続させたい場合は、メスを使った施術方法もあります。
耳元の皮膚を切開して、引っ張ることでリフトアップ効果を得る方法です。
ただし、ダウンタイムが長く負担が大きくなってしまうため、手軽に効果の持続する施術を行いたい場合は、糸を使った施術方法がお勧めです。
最近では、スプリングレッドと呼ばれる表情筋の動きに応じて伸び縮みする弾力のある糸を使用するほうれい線の消し方もあります。
従来の糸だと、表情を表す際に良く動く部分には入れることはできませんが、スプリングレッドは対応できますので、画期的な施術方法として人気を集めています。

肌を引き締める治療法

レディ

加齢の影響は顔に顕著に表れます。
年齢によるトラブルで多くの人が悩んでいるのがほうれい線です。
人の肌は加齢とともに衰えます。
時間が経つにつれて徐々に弾力がなくなっていきます。
一定まで弾力がなくなると、鼻の横に深いしわとしてその痕跡を残していきます。
ほうれい線は人によっては若い時でも表れます。
まだまだ活発な年ごろなのに、顔だけ年寄りというのは問題です。
自力でできるほうれい線の消し方もありますが、効果が出るまで時間がかかることはネックになります。
最も効果的なほうれい線の消し方は美容整形を受けることです。
プロの技術を頼ることが一番の近道です。
ほうれい線は肌細胞が衰えることにより皮膚がたるんでできます。
そのため、ほうれい線の消し方はたるみを消す方法とほぼ同じです。
たるんだ皮膚は繊維が伸び切っているため、これを元に戻せばほうれい線が消えます。
伸びきった繊維を元に戻す方法は、簡単にいえば熱による引き締めです。
ほうれい線の治療ではレーザーを使うことがメジャーな方法です。
レーザーによってほうれい線の周りの皮膚や表情筋を引き締め、突っ張らせます。
そのため、たるんでいた部分がハリを取り戻し、ほうれい線を消すことができます。
効果が長続きすることや即効性があることもメリットです。
人と会う前にレーザー治療を受けておけば、老け顔と思われることなく一日が平和になります。
しかし、注意点もあります。
レーザー治療は健康保険の適応対象外です。
そのため、費用はすべて自己負担になります。
今までの病院と同じ感覚で治療を受けるとお金が足りないなどトラブルになることがあるため、覚えておきましょう。
費用を抑えたい人はクリニックではなく皮膚科で治療を受けるという方法があります。
皮膚科での治療は保険が使えます。
ほうれい線の消し方も若干違っているため、自分に合った方法を探してみましょう。